So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

【セミナー】 食品産業における 『クレームゼロ化』 と 『コストダウン』 の進め方(4月16日・東京) 株式会社 JIPMソリューション

食品産業における「クレームゼロ化」と「コストダウン」(4月16日・JIPMソリューション) 写真一覧(3件)  日本能率協会グループでモノづくり人材の育成・改善支援を行う株式会社JIPMソリューション(略称:JIPM-S、本社:東京都港区、代表取締役社長:小寺強)は、「食品産業におけるクレームゼロ化とコストダウンの進め方セミナー」を2010年4月16日(金)に東京で開催します。http://jipms.jp/seminar/seminar_details.php?code=200004188 本セミナーでは、食の安全・安心と原価低減が両立する工場を実現するために、食品工場ならではの工程上の問題や課題を明確にしたうえで、改善活動に必要な知識と実践手順を習得します。また、実際の活動事例も紹介しますので、より具体的に理解することができます。 【主要テーマ】・自主保全活動で進める異物等の発生源対策・品質保全活動で進める不良の出ない条件設定・条件管理・個別改善活動で進めるロスを切り口とした生産性向上・原価低減・収益改善------------------------------セミナーの詳細は、以下のとおり------------------------------■セミナー名: 食品産業におけるクレームゼロ化とコストダウンの進め方セミナー■開催日時: 2010年4月16日(金) 10:00〜17:00 ■会  場: JIPMソリューション 研修室 (東京都港区)■講  師: 前原 隆博(株式会社JIPMソリューション TPM総研 TPMコンサルタント)■参加対象: 食品産業、関連産業(食品包装、食品用包装資材 等)の幹部、管理・監督者■プログラム:1.食品工場の課題および食品工場の特徴2.食品工場におけるTPM活動の考え方3.食品工場の自主保全7ステップ展開4.品質保全の取り組みによるクレームゼロ活動  ・品質阻害要因の撲滅方法  ・設備の徹底改善による不良低減  ・4M条件の設定と管理  ・品質保全の考え方と要因分析法 ほか5.コストダウンへの取り組み  ・コスト・ロス分析によるムダの顕在化  ・重点活動の体制づくり  ・日々改善とテーマ改善の進め方  ・生産活動におけるロス構造:生産の総合効率と、設備、人、原単位の効率化阻害要因 ほか6.企業事例紹介■参加料:47,250円/1名(税込) ※39,900円/1名(税込)※(社)日本プラントメンテナンス協会 正会員の割引料金です。・参加料には、テキスト(資料)代、昼食代が含まれています。■詳細・お申込みページhttp://jipms.jp/seminar/seminar_details.php?code=200004188【関連情報】・書籍 「食品べからず集」http://e-rescue.jipms.jp/asp/ItemFile/10000828.html通信教育 食品衛生「基礎のキソ」コースhttp://jipms.jp/education/02_024.html・講師派遣研修(時間・プログラム内容等、カスタマイズ可)http://jipms.jp/onsiteseminar/index.html・月刊 『食品工場長』(日本食糧新聞社)2009年9月号から「工場を元気にする自主保全・現場改善のポイント」をテーマに連載しています。http://jipms.jp/column/article-content0109=============================◇会社概要国内外50カ国・のべ3,000以上の工場・事業所にコンサルティングを行なうTPMのリーディングカンパニー。他に、5S・なぜなぜ分析など現場に根ざした改善コンサルティングや、工場実態調査・診断などの評価事業、セミナー・通信教育などの人材教育事業を通じて、モノづくり企業の現場力向上と経営基盤確立に貢献しています。 ・社名:株式会社JIPMソリューション (略称:JIPM-S) ・代表取締役社長:小寺 強 ・住所:東京都港区高輪3-26-33 品川ビル8階 (〒108-8571) ・設立:2005年1月31日 (日本能率協会グループの法人として分社・独立) ・資本金:1億円 ・従業員数:79名 ・URL: http://jipms.jp ・事業内容:   1)経営コンサルティングサービスの提供   2)セミナーサービスの提供   3)図書(書籍、雑誌、高額資料)の出版・販売   4)通信教育の開発・販売   5)教育メディアの開発・販売【TPMについて】TPMは、モノづくり企業が持続的に利益を確保できる(儲ける)体質づくりをねらいとして、人材育成や職場改善を継続的に実施し続けるためのマネジメント手法です。トップから第一線従業員まで「全員参加の重複小集団活動」により、「災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロ」などあらゆるロスを未然防止する仕組みを現場・現物で構築し、生産システム効率化の極限追求を図ります。1971年に提唱されて以来、国・業種を問わず数多くの企業が導入し、大きな成果をあげています。 http://jipms.jp/tpm (すぐわかるTPM入門)=============================【本件に関するお問い合わせ】株式会社JIPMソリューション カスタマーサービスセンターTEL:03-6409-0353 FAX:0120-097-580E-mail:center@jipms.jp============================= News2uリリース詳細へ

<参院予算委>社会保障で集中審議

 参院予算委員会は16日の理事会で、18日に「社会保障雇用等」に関する集中審議を行うことを決めた。鳩山由紀夫首相と菅直人副総理兼財務相、長妻昭厚生労働相らが出席する。

イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)

 政府は23日午前の閣議で、和歌山県太地町のイルカ漁を糾弾する映画The Cove(ザ・コーブ)」が今年のアカデミー長編ドキュメンタリー部門を受賞したことを踏まえ、「イルカ漁業はわが国の伝統的な漁業の一つであり、法令に基づき適切に実施されている」とする答弁書を決定した。自民党の鶴保庸介参院議員(和歌山選挙区)の質問主意書に答えた。

 答弁書は、太地町や地元漁協が求めている同作品の国内での上映中止に関し、「政府として答える立場にない」とした。ただ、今後予想される反捕鯨団体の妨害活動に対しては「関係省庁が連携して対策を講じ、イルカ漁業に対する国際的理解を得られるよう努力している」と強調した。

【関連記事】
続く「アカデミー賞」の日本たたき 鯨肉出したレストランを訴追
「見たうえで議論を」 「ザ・コーヴ」日本公開で配給会社社長訴え
アカデミー賞 太地町長「イルカ漁の伝統や文化、尊重を」
アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞はイルカ漁を隠し撮りの「ザ・コーブ」
イルカ漁映画「入り江」立教大が上映中止 漁協側の抗議受け

SOPHIAがライブ活動休止(時事通信)
ソニーストア名古屋限定! 吉田カバン製トートバッグに注目です。
名神でトレーラー追突事故(産経新聞)
【from Editor】テンプルに当てた一発の気概(産経新聞)
<普天間移設>鳩山首相「県内」強く示唆(毎日新聞)

ユニットコム、“音々ちゃん”ミニノート第2弾を日本橋で限定発売

"Neon PC 101IW-N2"  ユニットコムは3月16日、日本橋イメージキャラクター“音々ちゃん”をデザインしたミニノートPC「Neon PC 101IW-N2」を発表、3月21日より大阪・日本橋の同社店舗「パソコン工房 本店」「TWOTOP 大阪日本橋店」「Faith 大阪日本橋店」にて限定発売する。価格は4万9980円(税込み)。 Neon PC 101IW-N2は、“音々ちゃん”デザインノートPCの新モデルで、天板にオリジナルデザインの音々ちゃんイラストをあしらった。また、音々ちゃんシステム音声やスクリーンセーバーを収録したほか、デコレーションシールも付属する。 液晶ディスプレイは1024×600ドット表示対応の10.2型ワイド液晶を装備。CPUAtom N280(1.66GHz)、メモリはDDR2 1GバイトHDDは250Gバイトを内蔵する。OSはWindows 7 Starterを導入。本体サイズは272(幅)×188.6(奥行き)×28〜19.5(高さ)ミリ、重量は約1.3キロ。 販売台数は50台で、大阪3店舗販売のみの取り扱いとなる。当日(21日)は10時より、3店舗ぶんの整理券配布がパソコン工房本店にて行われる予定だ。■関連記事ユニットコム、「音々」ちゃん柄天板の萌えネットブックを限定発売いとうのいぢデザイン「音々ちゃん」仕様ノートPC発売――大阪限定&100台限定【ユニットコム】に関連する最新記事【ミニノートPC】に関連する最新記事【デザイン】に関連する最新記事

高速道路料金の上限制、参院選後に先送り(読売新聞)

 政府は10日、6月導入を目指していた高速道路の上限料金制度を先送りする方針を固めた。

 新制度に対するJRや関係業界の反発が強いほか、料金引き下げより高速道路の整備優先を求める地方自治体などに配慮し、夏の参院選後に実施する方向だ。高速道路の一部無料化に合わせて導入することで高速料金の簡素化を狙った政府の構想は大幅に後退する。

 上限料金制度は、昨年3月から週末に実施している「上限1000円」の割引制度を見直し、平日も走行距離にかかわらず料金の上限を設定する計画だ。軽自動車1000円、乗用車2000円、トラック5000円とする案が有力となっていた。曜日や時間帯などで割引幅などが異なる高速料金を分かりやすくすることが最大の狙いだ。

 政府が先送り方針を固めたのは、新制度に対する反発が根強いためだ。減収を警戒するJR7社とフェリー会社は反対意見を表明、トラック業界の一部は新制度が割高になるケースがあるとして現行の割引制度の継続を求めている。

 さらに、参院選を控えて高速道路の整備促進を求める地方の意向にも配慮せざるを得なくなった事情がある。新制度導入に必要な財源の一部については、すでに整備費用に振り向けることを決定している。

 政府は先月、高速道路の無料化について、全国37路線の50区間で6月をメドに実施することを表明。上限料金制度が見送られることで、無料化区間を除く地方路線などでは6月以降も現在と同様に週末の1000円割引が継続されることになる。

 政府は上限料金制度の導入方針は変えていないものの、導入時期はメドが立っていない。上限料金についても、現在有力視されている乗用車2000円などの水準から引き上げられる可能性も指摘されている。

「友達の口から血が流れ…」加藤被告が運転するトラックにはねられた女性、証言台へ(産経新聞)
発砲 暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
初舞台も大物っぽい、穂のかと、“ベイビーフェイス封印”の森山未來がただいま熱演中『カフカの「変身」』
「終息」とは違う―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
<東京地検>弁護士と元妻を8億円脱税で起訴(毎日新聞)

日、独、沖の歌曲情感深く 小波津准教授ソプラノリサイタル

情感たっぷりに歌う小波津美奈子=12日、浦添市のてだこホール  沖縄女子短期大学准教授で、県立芸術大学非常勤講師も務めるソプラノ歌手・小波津美奈子のリサイタルが12日、浦添市のてだこホールで行われた。小波津が暮らしてきたドイツと日本、沖縄の三つの国と地域で歌い継がれている歌曲を披露。温かさと味わい深さを、情感たっぷりの歌声に託し伝えた。 熊本県出身。15年前に県内に移り住んで以来初のソロリサイタルだ。ピアノ伴奏はかつて小波津と共にドイツ国立シュツットガルト芸術大学で学び、国立音楽大学などで講師を務める平島誠也。 2部構成で行われたリサイタルは、第1部を「伝えたい歌」と題し、日本とドイツの歌曲を展開した。 ステージは「お菓子と娘」(西條八十作詞、橋本国彦作曲)の快活な響きで幕開け。「ゆりかご」(平井康三郎作詞・作曲)「初恋」(石川啄木作詞・越谷達之助作曲)と続け、日本歌曲の持つ優しさが胸に染みた。 ドイツ歌曲ではシューベルト、シュトラウス、マーラー3人の楽曲から、それぞれ2曲ずつ歌った。 軽快なテンポの音楽と共に響く歌声には、雄大な自然の中を飛ぶ小鳥のさえずりのようなさわやかさとみずみずしさがほとばしった。「子守唄」(R・デーメル作詞、シュトラウス作曲)ではとろけるように美しい官能的な音色も入り、めりはりの利いた楽曲展開に引き込まれた。 後半は「残したい歌」として、唱歌や県出身の音楽家・宮良長包の音楽などを聞かせた。 「ふるさとの四季」(源田俊一郎編曲)は、「朧月夜(おぼろづきよ)」「われは海の子」など学校で習う童謡のメドレー。豊かな自然に囲まれた日本の四季折々の情景が脳裏に浮かぶ優しい旋律だ。 宮良長包音楽や歌曲集「戦後のふるさと」(浦崎芳子作詞、新垣雄作曲)では三線・笛で琉球古典音楽安冨祖流絃声会教師の横目大哉、楊琴(ヤンチン)で御座楽復元演奏研究会、■琉音楽研究会会員の伊波美智代が参加。沖縄音階がふんだんに使われた落ち着いた音色に、過去の惨劇と平和への願いがにじんだ。 文語体の歌詞を紡ぐ小波津のつやのある力強い歌声には、長年受け継がれている音楽ならではの妙味が凝縮されていた。現代音楽ではなかなか感じられない童謡などが持つ表現力の豊かさが楽しめた。(知念征尚)※注:■はモンガマエに「虫」■関連ニュース三板の日 愉快ライブ 民謡ファン300人が満喫【アメリカ】旧正月 沖日中米… 手料理持ち寄り舌鼓神、聖地に アマミキヨ神面 復元アイドルと学業を両立 「パニパニガールズ」下地さん、仲間さん

- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。